買取を依頼する際は支払方法もチェックしましょう

身の回りの品物を片付ける際に、まだ使用できる不用品を処分するために、買取店の利用を検討なさっている方もいらっしゃると思います。従いまして、買取店を選ぶときのコツについて解説します。買取店の利用では、買取方法や買取金額も重要な点です。しかし、買取店を選ぶポイントは上記の他にもあります。見落としやすい点ですが、支払方法も買取店を選ぶ際にはチェックしておきたい部分です。

買取店を利用する際の支払方法としては、現金での支払いが最も基本的です。

買取品の査定後、買取金額に納得したら買取品を渡して現金を受け取ります。特に実店舗ではこの方法が一般的です。

買取に際し、現金払い以外の方法が使われる場面としては、ネットや電話を利用した通信買取が挙げられます。最近では通信販売と同様に、通信買取が一般的になっています。買取品を宅配便他で回収して査定を行い、査定結果に納得したなら買取を行うというような流れです。この際に、通信買取では買取店と利用者が対面で現金を受け渡すことができません。

店頭買取であればその場で現金を渡すことができますが、通信買取では出来ない事です。そのため、直接現金で支払うには、郵送などの方法を取るしか手段がなくなります。

通信買取においても、郵送で直接現金払いを行っている買取店は存在します。しかしながら、郵送では受け取りまでに時間がかかるのに加えて、受け渡しにかかる費用が高くなります。そのため、郵送以外の支払方法を採用している買取店が多くなっています。

通信買取で一番よく利用されている支払方法としては、銀行振込が挙げられます。銀行振込であれば、郵送のように受け渡しに日数を要することもなく手数料も安く済みます。買取店にもよりますが、支払方法で郵送を選んだ際は手数料の負担を求められることがほとんどです。しかし、支払方法が銀行振込であれば手数料を買取店が負担してくれるケースも少なくありません。買取店を利用する際は、支払方法についても事前に確認するようにしてください。